床を守るフロアコーティングを千葉県で検討の方へ

新築時の美しいフローリングのまま保つ為に欠かす事が出来ない施工方法としてフロアコーティングがあります。

フロアコーティングは、名称の通り床材を保護する為に用いられる施工方法です。


床面は何もしないまま使用を続けていると必ず擦り減ったり傷が付いたり、汚れが床に染み込みます。
一度、床材が汚れてしまうと清掃しても簡単に取れなくなってしまいます。清掃が大変、ワックス掛けに掛かる時間も多くなります。



フロアコーティングを施工しておけば以上のようなメンテナンスも不要となります。



ワックス掛けが必要無くなり、汚れても水拭きする事で短時間で汚れを取りきれます。


そんな、フロアコーティングには、複数のタイプが存在しています。
保護する材質によって、耐久性やコーティングの厚み、密着する力が異なります。最も硬く密着する保護材としてガラスコーティングがあります。ガラスの塗料を薄く床材に塗布していく事で、硬く光沢のある保護膜を形成します。


耐久性も20年ある為、ランニングコストに大きなメリットがあります。


その他には、摩耗や摩擦に対して強いウレタンや薬品系に耐性のあるシリコンがあります。施工場所等に合わせてコーティング材を選択する事が重要です。



千葉県周辺には、床材の保護の専門業者が多くあります。

千葉県内の新築住宅では、フロアコーティングの施工も増えています。

千葉県エリアにて新築を建てる際には、予め床材への保護を推奨致します。